Ankiに単語の音声・発音を追加!アドオン「Awesome TTS」を使おう!

皆さんこんにちは、KAZUです。

今回の記事では、「Anki」で英単語の発音をフラッシュカードに追加できるAdd-on「Awesome TTS」の使い方をご紹介します!

この「Awesome TTS」の素晴らしいところは、某 Googl….翻訳の機械的な発音ではなく、

アメリカ英語、イギリス英語どちらか好きなほうでちゃんとした発音を確認できます!

言ってみれば、アメリカ・イギリス英語どちらにも対応したスーパーな単語カードを作成できます。

基本的なAnkiのダウンロードや使い方は、こちらの記事で紹介してますので、まだの方は是非読んでみてください!

目次

Awesome TTSのダウンロード方法

まず、ダウンロードの方法をご紹介します!

画像を使いながら丁寧に説明しますので、ご安心くだいさい!

まず、Ankiのソフトを開いてください。

そしたら、上の方にある「ツール」押して「アドオン」を選択してください。

アドオンを押しますと、以下のような画面が出てきますが、右の一番上にある「新しいアドオンを取得」を選択してください。

そしたら、コードの枠に「814349176」と入力してAwesome TTSをダウンロードしてください

ダウンロードを完了して、カード作成画面に行きますと、右上の端にスピーカーのマークが表示されます。それが確認できましたら、完了です!

Awesome TTSの使い方

では、次に具体的な使い方をご紹介します!

まず、単語カードを何でもいいので作成しましょう。

以下の例では、「castle」と言う単語の発音をAnkiに挿入することにします。

そしたら、早速、先ほど追加されたスピーカーマークを押してください。

Awesome TTS

このような画面が出てくるはずです

Awesome TTS

次に、「castle」と言う単語の発音を挿入したいため、Preview and recordの枠の中のcastle以外の部分を消していきます。

最後に右下の「Record」ボタンを押すと、音声を挿入することができます。

Awesome TTS

また、「Generate using」と言う項目が左上にあるかと思いますが、それは「音源をどうするか」選択できるところです。

デフォルメの音源は「Google text-to Speech」になっていると思いますが、(記憶が曖昧)私のおすすめは、「Oxford Dictionary」です。
機械的な発音ではなく、本当の発音が聞けるだけでなく、イギリス発音とアメリカ発音の選択がすることができ、自分の好みに合った発音を学べます!
Awesome TTS
ただし、欠点としては、Oxford dictionaryは、単語単位でしか発音を生成できず文章単位で発音を挿入できないため、そうしたい場合は、違うGenerate usingを使う必要があります。
Ankiの詳細な使い方は、この本から学ぶこともできます。

まとめ

今回の記事では、「Awesme TTS」を使用してAnkiに英単語の発音を追加する方法をご紹介しました。

単語を覚えるうえで正しい発音は欠かせないので、ぜひ発音を追加してみましょう!

Thank you for reading.

Have a good one!

KAZU,

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

22歳の大学生です。
大学受験から色々とつまずきながらも、地道に英語を上達させてきた経験から少しでも皆さんの助けになればと思って記事を記事を書いています。
拙い文章ですが読んでくださりありがとうございます!

コメント

コメントする

目次
閉じる