【USCPA】BEC受験レポート

お久しぶりです!

先月の末にBECを受験してきたので、出題内容と手応えを詳細に述べていこうと思います!

これから受験される方の参考になればと思います!

目次

時間配分

時間

まず、時間配分からです!

BEC本番時間配分

Testlet1: 40mins 残り3hr20mins
Testlet2: 45mins 残り2hr35mins
Testlet3: 40mins 残り1hr55mins
Testlet4: 35mins 残り1hr20mins
Testlet5: 1hr20mins 残り0min

WCに多くの時間を残せたのはよかったですが、それでも時間ギリギリのフィニッシュとなりました。

1時間は必ずWCに残せるような時間配分が大切だと思います!

MC (Testlet 1,2)

USCPA MC問題

では、MC問題から感想を述べていきます!

FAR, AUDと同じく、Testlet 1と2の間の難易度変化には全く気づきませんでした。同じような問題難易度だったと思います!

問題は全範囲から満遍なく出題され、どの分野でもちゃんと理解している必要があると感じました。

頻出だった範囲をまとめると、

BEC MC頻出論点

・原価計算(問題集レベル)
・差異分析(問題集レベル)
・ファイナンス(問題集より簡単)
・COSO(暗記していれば即答可能)
・IT(意味不明な問題続出)

アビタスの教科書でほとんどの問題をカバーできていたので、追加教材は必要ないかなと思います。

COSOに関しては、語呂に頼って全部覚えれば即答できる問題がいくつも出題され、かなりの時間節約になりました。確実にやっておくべき範囲です!

一方で、ITはアビタスでカバーされた範囲の問題の方が少ないくらい、よくわからない問題が多く出題されました。これに関しては、テキストに書いてあることを覚える以上の対策はできないので、知らない範囲が出てきたら即座に捨て問とするしかないと思います。

一つだけ、アビタスでカバーされていた範囲で記憶に残っていた問題が、Hot siteとCold siteに関するもので、2問も出題されたのでしっかりと違いを”英語で”おさえておきましょう!

印象的だった問題は以下です。

BEC MC印象的だった問題

・高低点法によるコスト予測
・生産数量法による連産品の会計処理
・複数の財務諸表の内どの指標を使って投資分析をすべきか

高低点法や連産品の会計処理は、他の分野にばかり注力していて勉強が疎かになってしまったので、解答が危うくなりました。初めにも言った通り、満遍なく出題されるので全体的な復習を直前に取り入れるべきだったと思います。

3つ目に関しては、NPV、IRRや Payback periodを与えられ、どの財務指標を投資分析に参考にすべきかとその理由を問われる問題が2問出題されました。しっかりとそれぞれの違いを理解し、メリット・デメリットを把握している必要があります。

余談ですが、MCを解いている最中に wanted to go to number1になったので、しっかりと number1,2 は予め試験を受ける前に済ませておいてください。(意味がわからない方は、ぜひグーグル先生へ笑)

TBS (Testlet 3,4)

USCPA TBS問題

TBSの出題内容は以下になります。

BEC TBS出題内容

・SWOT分析
・財務指標
・データベースに関するITの問題
・財務指標

SWOT分析は、アビタスの模試で出題されたものとほとんど同じで、TOEICの試験かと錯覚するような内容でした。

財務指標の問題は2問出題されましたが、どちらも計算をさせるのではなく、それぞれの財務指標をどのような場面で使用するのか、どうしたらその財務指標を改善できるかを問う問題だったので、ただ単に計算式を覚えるのではなく、必ずその財務指標が何を意味するのかもプラスで覚えておくことをおすすめします。

データベースに関する問題が一つ出題されましたが、きっとこれはダミー問題だったと思います。アビタスでは全くカバーしきれていない範囲からの出題で、Primary key、Foreign key、Bridge key?が関連した内容でした。言うまでもなく、何もわからず全ての問題に適当に解答しました。もしこれがダミー問題じゃなかったら確実に落ちると思います。

全体的に計算がほぼなかった分、難易度は優しかったですが(疑惑のダミー問題をのぞいて)、ネイティブの受験者達はならかなりの高得点を取れるような内容だったと思うので、個人的には不安です。

WC (Testlet 5)

最後にWCの出題内容は以下の通りです。

BEC WC出題内容

・外部 E-commerceの利用を安全にするための統制
・input dateとmaster dateを比べることによって達成できる統制のObjective 3つ
・ROIとNPVのメリット・デメリット

3問中、2問がITに関する問題で、正直なところ撃沈しました。とりあえず頭を振り絞って書きましたが、内容はスカスカだったと思います。

ROIとNPVに関しては、Twitter内で出題されたよ〜と言っていた人が大勢おり、あらかじめ対策してあったので、しっかりと書くことができました。Twitterに感謝!

手応え

手応えは「全くない」が今の正直な感想です。

ですが、幸いなことにスコアリリースがもうすぐなので、落ちてしまった場合は、記憶が錆つかないうちにすぐに2回目の受験をしようと思います!

この記事がお役に立てたら、幸いです!一緒にBECの勉強を乗り越えましょう!

I appreciate you taking the time to read my article!

KAZU,

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

22歳の大学生です。
大学受験から色々とつまずきながらも、地道に英語を上達させてきた経験から少しでも皆さんの助けになればと思って記事を記事を書いています。
拙い文章ですが読んでくださりありがとうございます!

コメント

コメントする

目次
閉じる